10月3~4週まとめ

PGK江坂校では、現在オブジェクト設計を中心に実技を行っています。

オブジェクト指向プログラミング(OOP)は現代的なプログラミング手法の中的役割を果たす技術でもあり、多くの言語が何らかの形でOOPを提供しています。古くはSmalltalkからCommonLisp、C++、Java、Rubyなど、言語の特性に応じて様々な形式のOOPが提供されています。

PythonにおけるOOPはシングルディスパッチによる素朴な方式です。しかし、特殊メソッドによって好き放題に機能を追加できるあたりが厳格なOOP言語とは趣を異にします。厳格さを第一に考えると意図せざる様々な問題が生じ得ることも否めませんが、動的かつ非宣言的なPythonの特性に合う便利でスピーディなOOPの一形式だと思います。

10月最終週からはいよいよクラスの継承に入ります。継承はOOPのパワーの源泉ともいえる部分であり、更にじっくり時間をかけて仕上げていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です